さめのたれ


 サメを食べる習慣は、山陰地方の一部と、伊勢地方だけに限られています。
 
  このサメの干物、伊勢の家庭では昔からおかずなどとして馴染んだごく一般
 的な食べ物ですが、古代より伊勢神宮で大きな祭典に欠かすことのできない
 神饌(しんせん)の一品とされてきた大切な供え物です。

  また、別宮の一つ、伊雑宮(いざわのみや=志摩郡磯部町)には毎年、御田
 植祭に、神の使いとしてやってくる「七本鮫」の伝説があります。『サメのたれ』
 の語源は確かではありませんが一説では、ヒラヒラと垂らして干したことから、
 この名前が付いたと言われています。

  たれには、「しおたれ」と「あじたれ」の2種類があります。「しおたれ」は、厚さ
 1センチほどの板のような切身に塩をふり、天日に干したもので、「あじたれ」
 は、厚さ数ミリの薄い切身をみりんにつけ、天日に干したものです。



閉じる