ホーム昔話・民話>ふたつ池の龍

ふたつ池の龍

 二つ池のご先祖【せんぞ】さまの話しが出ると、みるまに龍の子・龍之助【りゅうのすけ】の口ヒゲはフニャリ。トグロをまいたでっかい図体がひとまわりちぢかんでしまう。

 ご先祖さまは、実に立派【りっぱ】な龍神【りゅうじん】さまだったそうな。今もって里に語りつがれている伝説【でんせつ】は二つや三つじゃあない。

 その竜神さまの直系【ちょっけい】の子孫【しそん】だというのに、龍之助は沼の底でぐでっとトグロをまいたまま、もう百年近い。百年といっても、龍の寿命【じゅみょう】からいえば人間の九年か、十年くらいかな。龍之助は、ほんとにまだ子どもだった。口ひげだけはみごとなのが右に一本、左に一本。けれど、口から宙【ちゅう】に吐【は】きだす炎【ほのお】だって、まだ火の粉【こ】ていどのお粗末【そまつ】さ。雨降らしの術【じゅつ】も、なかなかもって免許皆伝【めんきょかいでん】とはいいがたい。

 一度だけ、長い日でりが続いた時に思いきって天に舞【ま】い上がり、雲をよび、風を起こして雨をじゃんじゃん降らせたことがあった。溜【た】め池【いけ】という溜め池に水が満々【まんまん】とたまり、川面【かわづら】が岸すれすれにふくれ上がったのを見とどけて、「雨よ、止め!」と術をかけた。が、どうしたことか雨はいっかな止もうとしない。

「もう止め!おしまい!これっきり!」と声をかぎりに叫んだが、雨は降りつのるばかり…。そこら中、水びたしになって、里人【さとびと】は大迷惑【だいめいわく】
「未熟者【みじゅくもの】めが!お前のご先祖さまはなあ…」飛んできて雨を鎮【しず】めた父龍にしこたま説教【せっきょう】されたあげく、ご先祖さまの話である―。

 二つ池の龍神さまといえば「知らんでか。日本一ふるい厄除【やくよ】け観音さまのお龍さまやろが」と、昔から伊勢では、子どもから年寄【としよ】りまで知らぬ者はいない。

 こんもりと緑を盛り上げた倉田山の北の峰【みね】に、行基【ぎょうき】というえらい坊さまが開かれた松尾観音【まつおかんのん】というお寺がある。厄除けに霊験【れんけん】があらたかの聞こえ高く、初午【はつうま】の日ともなれば、門前の坂道は近郷近在【きんごうきんざい】から詣【もう】でる善男善女【ぜんなんぜんにょ】が列をなし、縁起【えんぎ】もののネジリおこしやサルはじきがとぶように売れる。

 本堂【ほんどう】の屋根【やね】には、般若心経【はんにゃしんきょう】一万巻の納【おさ】まった青銅【せいどう】の凝宝珠【ぎぼし】をいただき、御堂【おどう】の中には、御本尊の十一面観音【じゅういちめんかんのん】さまがうやうやしくまつられている。この観音さまは、三十六態もの姿に変身【へんしん】して人の危難【きなん】を救【すく】ってくださるという、ありがたい観音さまだ。

 龍神さまの住んでいるのは、この寺を下ったところにある二つ池だった。西にひとつ、東にもうひとつ、緑のみずみずしい葦【あし】に囲まれたいかにも住み心地のよさそうな池だ。

 ある夜のこと、突然、本堂から火の手があがった。お灯明【とうみょう】でも倒れたものか、人っ気のないお堂で炎はたちまち床を焼き柱をはいのぼり、勢いづいてメラメラと天井をなめはじめた。山中のこととて、人々の気づくのがおそかった。かけつけた時は、本堂は火の柱、手のほどこしようもなく、「ご本尊さまが…」とおろおろするばかり。

 その時、すさまじい炎の中に何やら黒い影【かげ】がうかび上がった。それは、ご本尊にぐるぐると蛇身をまきつけ、もえさかる火から身をもって像を守っている二つ池の主、龍神さまの姿だった―。

 立派なご先祖をもつ身はつらい。豪雨事件【ごううじけん】以来のこの百年、鳴かずとばずの龍之助は、その日も緑色の水底【みなぞこ】から上目【うわめ】づかいに空を見上げていた。

 すると、ガサ、ガサ、ガサッと池の縁【ふち】を歩く人間の気配がしたかと思うと、ドブーン、ブクブクブク……龍之助の頭の真上【まうえ】に大きな男の身体が沈んできた。

 「コヤツ、足をすべらせたな」。助けてやらねばなるまい、と龍之介はシッポをひと振り、ポイと男を岸へなげ上げた。

 しかし、シッポ投げの術も、龍之助はどうやら未熟らしい。男は岸へ投げられた拍子【ひょうし】に松の大幹【おおみき】に頭をゴツン。大の字に倒れて気絶【きぜつ】してしまった。

 そこへ、バラバラとかけつけた里人たち、「ややっ、これはみなで追いかけていた大泥棒【おおどろぼう】や。龍神さまの池に落ちたとみえてズブぬれやが、大きなコブをつくってノビとるぞ」

 泥棒のふところには、里人たちのぬすまれた金品【きんぴん】がそっくり入っていたので、みんなはホッとひと安心。

「龍神さまのおかげじゃ」
「龍神さまは、今でも生きておいでるぞ」と、さっそく池のほとりに祠【ほこら】をまつって朝に夕にまんじゅうやら果物【くだもの】やら、お供【そな】え物をどっさり……。
 で、当の龍之助はどうしてるかって?龍は霞【かすみ】を喰【く】って生きてるんだから、お供え物のまんじゅうなんぞに手を出しはしない。

 今日も龍之助は深い深い池の底。大きな図体【ずうたい】をぐるんと巻いて、龍神さまのうわさをする里人たちの話し声を、くすぐったそうな顔で聞いている。(おわり)


▲上へ戻る

特集
  • 日本人の心のふるさと伊勢神宮
  • 旬の情報満載! 伊勢だより
  • ぶらり気ままに 二見散策
  • 動画チャンネル え~ぞ~伊勢
  • テーマでめぐるお伊勢さん
  • 伊勢を楽しむ周遊コース
  • これは美味い!伊勢の名物
  • 旅の思い出に伊勢みやげ
  • 伊勢市ふるさと応援寄附金
  • 伊勢乃国発 ええじゃないか便
  • 伊勢志摩サミット応援商品のご紹介
  • いざというときは 伊勢で災害が起こったら
  • ムービーギャラリー 映像で見る伊勢
  • 定番を知りつくした方に・・・ お伊勢めぐり上級編
  • 伊勢にまつわる物語を紹介 昔話・民話
  • 伊勢のはじまり ものしり情報